市販の髪染めのコツは?

そこで市販の髪染めで上手に染めるコツをご紹介しましょう。
まず髪染めをする前に大切なことは、髪をしっかりと乾いた状態にしておくということ。
髪が濡れていたり、ムースやワックスなどがついた状態で市販の髪染めを使うと、染毛剤が垂れてきたり色ムラになってしまうことがあります。
このように前髪以外を4つのブロックに分けると、根元まで染めやすくなりますよ。
ブロッキングをしっかりすることが、部分的な色ムラを防ぐコツになっているので、面倒でもここではキチンとブロッキングをするようにしてくださいね。
染毛剤を塗るときのコツは、まず根元を1センチくらい残しておくこと。
いきなり根元から塗ってしまうと、根元の部分だけが明るく発色する逆プリン状態になってしまうことがあります。
また染毛剤を塗ったあとは髪にサランラップを巻き、室温20度程度の暖かい室内で待つのが、キレイに発色させるコツです。
最後に仕上げのコツを。
全体が希望している色になったら、洗い流す前に少し髪を濡らした状態で髪全体をもみこんで乳化させてください。