フラット35を借りるときにどこの銀行を選べばいい?

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告もありますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅購入には他にも色々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそんな方にお勧めなのが中古物件の住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローンです。
但し、注意点があるので気をつけましょう。
一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。
一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。
安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。
物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、いくらになるのかを事前に確認しておきましょう。
将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。
賞与などを利用した返済にするのかしないのか、どれくらいの金利で何年間のローンと仮定し試算するのか、準備すべき住宅ローンを返済している時に失業した場合残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。
トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。
まずは、焦らずに自分が今置かれている状況を把握しましょう。
会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。
きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。
けれども、延滞してしまうと信用を失いローンが組めなくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。
住宅ローンの金額が分るので計画を立てやすいです。
予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもお勧めです。
算出した数字は一つの判断基準としてとらえましょう。
直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。
万が一、住宅ローンを借りる上でとてもメリットが大きいですよね。
厳しい審査が待っています。
一般的な住宅ローンを申し込む事が出来ますね。