保険相談の断り方はどうすればいい?【やんわりと断る方法】

保険料を削減したい!でも、相談に行く時間がないからお困りの方はメールで解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、現在の保険内容の確認など相談のやりとりをメールで完結できるサービスもあります。

そのため、24時間受付をしており、相談に対する返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、書いてある内容が理解できない、こちらが伝えたいことのあまり伝わっていないと感じたときのために、電話で直接相談することもできます。

相談の必要性が低くなった時もメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の確認や契約状況の見直しをしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミを見てみると相談する前の心配事として「相談したら結局保険を契約させられそう」という印象を持っていてなかなか相談への決心がつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と本当に保険内容の確認だけでも快く対応してくれたなどイメージとは全く異なることがわかりました。

なので保険の見直しを考えている人は安心して利用してみてください。

3、4年くらい前まで様々な業界で現金キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、総務省や金融庁の指導で高額なキャッシュバックや高額な商品券のプレゼントを行う販促活動を禁止としたからです。

そのため、保険の相談業界ではお米や牛肉、タオルなどの商品プレゼントに変更しているサービスもあります。

人生の中でももっとも高い買い物の部類に入る「保険」。

選択を間違えたくないと考えるのは当然でしょう。

そんな場合に上手に活用したいのが、無料相談です。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、中には面談をすると何かをもらえるところもあります。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

一万円に満たない額がほとんどですが、数社からもらえたら一万円以上にはなると思います。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、こんなにお得な話はないですよね。

よくTVCMなどで聞く保険無料相談サービス、どうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が保険に加入した際の手数料です。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、加入してくれなければFPはボランティア状態で赤字状態になるため、保険紹介時の説明や対応方法などのサービスを高めなければなりません。

FPは評判を気にしているので、相談者に合致しているライフプランを案内し紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

新しくなにかを始める際はみなさんどうしていますか?始める前にネットで調べる人は多いと思います。

保険の見直しをしようと思い検索していたところ保険相談無料ドットコムというwebサービスを見つけました。

よく街中にある店舗型のサービスとは違いこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

現在の生活状況などを確認するので落ち着いて話をするために自宅で相談を行う方が多いようです。

また、サービス方針も強制的な勧誘をしないのはもちろん、現在の保険内容を忘れていても説明してくれるみたいなので安心ですね。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

A社のFPを信じてそのまま乗り換えるのも良いのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の提案内容をB社にも見せると内容重視ではなく価格を重視して競争を始めてしまう可能性があります。

見せる場合はB社のFPに見せた時に「A社の内容で基本的にOKです」と言うくらいの担当者だったらほぼ間違いなく信頼できます。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

保険相談の無料サービスを提供している会社は、名前が知られているだけでも10社以上になるでしょう。

そんな中で選ぶなら、FPさんの質をウリにしている会社がおすすめです。

実際に数社と面談を行った人が話すには、同じ内容で話をしても、FPさんによって結果として返ってくるプランが異なることが多いのだとか。

実際契約をするとなると、FPさんとの関係は長く続きます。

こちらの希望をくんでくれるのはもちろん、納得以上の満足を提供してくれるような人と出会える会社にお願いしましょう。

ネットなどで少し調べるだけでも、たくさんの保険無料相談請負会社が見つかります。

中にはより多くの顧客獲得を狙ってキャンペーンを実施している場合もあります。

気になるその内容はといいますと、大体が商品券やギフト券で、中には現金がもらえるものもあるようでした。

どのくらいの金額がもらえるのかというと、2000円から7000円くらいが多いようです。

大切な話なので数社に面談をお願いすることもあるでしょうし、こういったことを会社選びの参考にすれば諸々のわずらわしさも気にならないかもしれません。

保険の専門家に相談をする人がどれほどいるかご存知でしょうか。

とあるサイトで見てみるとたった一社でも一年間で十万以上の人と面談をしているそうです。

それほど多くの人が興味を持っており、また仕組みをきっちり理解するにはプロの話を聞く必要があるということの表れかもしれません。

会社自体は数多く存在しますが、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどの評価が高いようです。

FPさんの質に関して高い自信を持っているところや、面談できるまでの手軽さが大きな魅力のようです。

保険は家に次いで多額の出費になると言われています。

見直しをする際も気を付けなくてはなりません。

考えられるトラブルについては事前に把握し、慌てないようにすることが大切です。

特にごり押し的な勧誘については多くの人が不安に思っていることでしょう。

不安点ばかり強調したり、利点についての説明だけされたりして納得できる提案がないままうやむやに決断させようとしてくるようなパターンです。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

いざというときには会社で用意されている担当者を替えるサポートを利用しましょう。

毅然とした態度で臨み、大事な決断を間違えないようにしましょう。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、そんな状況で自分の要望ぴったりの会社を探すのは、想像以上に困難だと思います。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

いろいろな視点で作られたものなので、優先事項を整理しながら選ぶことができます。

名前を知っているような有名どころでも一度で信頼できるFPさんと出会えない場合もあるかもしれないので、試しに上から順に複数の会社に依頼してみるなど、有効利用することが満足への近道です。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、合わない担当者であればかえられたりする安心・便利なサポートがあります。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、最初に「相談だけのつもりなので勧誘は結構です」とこちらから明示しておくというのもひとつのテです。

その提案に自信があるFPさんなら即決して欲しがることもないでしょうし、問題ないと思います。

最近ネット広告など様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事はほぼ起きないと思って良さそうです。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

根拠のない脅しのようなことを言い断れないような雰囲気を作るようなFPさんがいるところでは、その後の対応も心配ですのであまりおすすめすることはできません。

そういった失敗をしないために自分でも知識を身に着けて、家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

参考:保険相談の断り方はどうすればいい?【予約取り消しの言い訳集】

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

実は少し前はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

しかし、時代の変革とともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる窓口がたくさん増えました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては宣伝のために商品券や牛肉などの景品のプレゼントを始めました。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから保険見直し希望者を獲得するために、特典を出してでも件数を増やしたいという考えから始まりました。

自宅で保険のプロと面談をしたときの心配な面に、提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当FPさんとの相性が良くない場合は変更するといったようなサポートが用意されているところがほとんどです。

初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、事前に相談したいだけなので勧誘の必要はないことをこちらから明示しておくというのもひとつのテです。

その提案に自信があるFPさんなら他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、そのうえなおも商品券などがもらえたらWでお得です。

手に入れるには何をすれば良いかというと、なんと面談をするだけだったり、必要なところではアンケートに回答したりします。

額は数千円ほどが多いようですが数社からもらうことができたらかなりのお小遣いになるでしょう。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、嬉しいおまけくらいにとらえておいて面談そのものを意味のあるものにしましょう。

多くの人が保険を考える時期があります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く保険に対する知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

すでに保険に加入している人でも年収や支出などが加入当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況や将来の希望に合っているか、いざという時に保障でカバーすることができるのかを改めて見直しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

よく聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、FPが提案した保険に相談者が加入した際に手数料が支払われるからです。

このシステムは相談者から見るとメリットが多いです。

相談者が加入をした時に初めて収入があるということは、加入してくれなければFPはボランティア状態で赤字状態になるため、FPの方達は紹介する内容の熟知や紹介時の説明の質を高めています。

そのため、提案する保険が相談者の希望に合っていることが高く、説明内容や面談後のアフターケアなど紹介者のスキルが高いことが多いなど良い面ばかりです。

信頼性を気にしているので、現状の契約の方が最良と判断をしたら別の保険を無理に勧めたりもしません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

テレビなどのメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、周りに体験した人がいないと利用方法がよくわからないことがあります。

なので、ここでは無料相談サービスの利用方法について書きます。

一般的な流れとして、インターネット等で相談日の予約をし、自宅などの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

予約日当日、FPに会ってからは、ライフプランや現在の生活環境、現在加入している保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから何種類もある保険の中から最適な保険を提案します。

再度、どういった内容がライフプランにと合っているか保障内容や名付きの月額を一緒に確認します。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

よく言われているのが保険は家の次に高い買い物という話です。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できるだけA社から提案をしてもらった後に別のB社のFPにも相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際に気をつけて欲しいのがA社の提案内容をB社に見せる場合、価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

また、B社に見せない場合は、単純に新しく出された提案内容との比較になります。

一体どれくらいの人がプロに保険相談をしているのでしょうか。

それぞれの業績を見てみますとなんと一社だけで年間十万人以上の人が訪れているとのことです。

このことは人々の関心が高いという一方で、仕組みをきっちり理解するにはプロの話を聞く必要があるということの表れかもしれません。

各々の会社について見ていくと、CMでも有名なほけんの窓口や、ネットでよく見る保険マンモスなどの名前がよく挙がっています。

やはりFPさんの知識量や提案力など質が高いことや、実際話し合いするまでの手軽さも評価されているようです。

数多く存在する保険相談会社の中でどこが一番良いのか決めかねることもあるかと思います。

選ぶならこういうところが良いのでは?といういくつかの大切なポイントを示してみようと思います。

何よりもまず、FPさんの質に絶対の自信を持っているところです。

もちろん実際は相性の問題もあるので、いざというときにきちんと対応してくれるサポートがある会社にしましょう。

そのほかにより多くの商品の取り扱いをしていればFPさんが提案できるプランも幅広くなることと思います。

契約後どんなフォローがあるかという点も調べておきましょう。

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容をしっかりと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険に入っているか、今のライフプラン、将来の希望に合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減ることもあります。

また、保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を強引に勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分の生活状況に合わない保障内容になっているなどトラブルにつながってしまいます。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のこのどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生において家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくる、強引に勧誘してくるFPなら担当者を変えてもらいましょう。

貯金をしたいと考えて家計簿をつけてみたら貯金する余裕がなかったという方はどの部分の支出を削りましょうか。

お子さんのいる家庭の場合では食費はできればそのままにしたいですよね。

他にパッと思いつくのは、携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人の感想を見ると現在契約している保険の内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

相談者の多くは信頼できる担当者の提案だから安心できたという方が多いので皆さんも信頼できるような担当者に当たるまで相談するのもいいかもです。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?という疑問です。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどこに違いがあるのか、メリット・デメリットはどうなるのでしょう。

無料相談サービスでは、FPは相談者と面談するだけで報酬は発生せず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形でお金をもらっています。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しやライフプランに合わせて保険を提案してくれる保険無料相談サービスでもそういったことはあるのでしょうか。

口コミサイトを参考にすると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

ただ実際に相談してみると「納得いくまで何度でも相談してください」と言ってくれて安心できた、本当に相談・確認だけでもOKだったなどイメージとは全く異なることがわかりました。

なので見直しの機会を考えている人は安心して相談してください。

ネットで少し調べればわかるように、保険相談を無料でしてくれる会社はすぐに見つかります。

差別化を図るためにキャンペーンをはっているところも多いです。

どんなものなのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

大体が商品券やギフト券で、中には現金がもらえるものもあるようでした。

どのくらいの金額がもらえるのかというと、数千円ほどのところが多いようです。

いろいろな比較をするためにも数社に依頼することもあるでしょうが、こういったことも会社を選ぶポイントにすれば多少面倒があったとしても我慢できそうです。