デンタルローンの審査はどう?主婦・学生・アルバイトは厳しい?

ジャックスやufjをはじめとした企業が行なっているデンタルローンですがどういったものかご存知でしょうか。

歯医者で保険適用できない治療が必要にと言われた場合、急に用意できない額を提示されてしまった。

そんな時に便利なのがデンタルローンです。

大まかには住宅ローンや自動車ローンの歯科治療版と考えていただければOKです。

クレジットカードの分割払いよりも低金利で利用できます。

クレジットカードとは違い、新たにローンを組むので審査が必要になります。

金利や借入限度額など各企業で違うので条件にあったローンを選びましょう。

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが種類が色々あってどういったローンがあるのかわからないですよね。

大きく分けると個人向けローンと事業ローンと呼ばれる2つになります。

ビジネスローンは企業が資金調達をする際などに利用するローンです。

中には、借入名義人の欄を法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンには、テレビCMなどで見かけるカードローンや家を買うときに利用する住宅ローンや歯科治療のみに使えるデンタルローンなどの利用使途を用途を決めたローンがあります。

デンタルローンなどの条件のあるローンの場合、カードローンに比べて金利手数料が低く設定されていることが多いです。

インプラントや歯列矯正をしようと思っても全額自己負担になる自費治療なので高額な治療費用に躊躇してしまい治療に踏み出しづらい方はそんな方はデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

10万円以上を医療費として1年間で支払った場合は、確定申告の際に控除申請することで、治療費の一部が還付されるので領収書は取っておきましょう。

もし、申告を忘れてしまっても、5年前までであればさかのぼって控除を受けることができます。

このように、高額な費用でもいろいろな制度を利用して負担軽減ができます。

加齢とともに気になってくるのが歯の悩みです。

抜け歯治療でインプラント治療って聞きますよね。

でも、どんな違い、メリットがあるのか知っている人は少ないと思います。

ブリッジとは、抜けた歯があった部分の左右の健康な歯を支柱にして「橋」をかけるように義歯を入れる治療法です。

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを固定し、ネジで顎の骨に固定して、人工の歯を取り付ける方法です。

土台となる歯が2年以上健康かなど条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がなく治療後が楽なインプラントにするか悩みますね。

インプラントをしようとして費用面が大変という方はデンタルローンを検討してみてください。

歯が抜けた、歯並びを直そうとした時に歯科医院でデンタルローンを勧められたことはありますか?「ローン」とつくだけあり、住宅ローンなどの他のローン同様に必ず審査があります。

では、審査基準はどういったところを見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方がローンを組もうと考えた場合、親名義で申し込む、もしくは親や保護者の承諾書が必要になります。

他には、ローンの返済が滞ったり、自己破産していないかなど、いわゆるクレジットヒストリーを確認しています。

また、成人後の主婦や年金受給者の方も利用できますが審査内容によっては保証人が必要になることもあります。

テレビを見ていて芸能人の歯って白くて綺麗だと思いますよね。

実は、ホワイトニングや審美治療を受ければということは同じことをしたら皆さんにもあの白さが手に入るかもしれませんよ。

ホワイトニングは薬剤で白くするため定期的に施術しなければ元の色味に戻ってしまいます。

ホワイトニング以外の方法として審美治療が注目されています。

「ラミネートベニア」と呼ばれる歯の表面を削って付け爪のような薄い素材を貼り付ける方法や「セラミック」と呼ばれるセラミックでできた歯をかぶせる方法があります。

ホワイトニングと比較すると耐久年数が長いですが費用は高くなるのでデンタルローンの活用をお勧めします。

歯の治療に行って高額な費用になる治療を受けたい時にみなさんはどのような支払い方法を考えますか?多くの人が最初に思い浮かぶのがクレカで分割払いだと思います。

歯科治療専門のローン、「デンタルローン」を使用しましょう。

どうしてかというと、クレジットカードの分割払いとデンタルローンの金利の差が大きいからです。

例を挙げると、三井住友VISAカードの分割手数料は12.0%から14.75%と手数料が多いですが、銀行系で扱っているローンを利用した場合、半分程度となる5%程度の金利負担で借りられるんです。

歯列矯正って保険外治療になってしまうので治療費が高い思い切って治療しようという決心がつきにくいですよね。

高額な治療費だからこそ利用できるものはしっかりと利用しましょう。

デンタルローンはインプラント治療などを勧められた時にいくら治療費が必要かの見積もりをもらえるのでその見積もりに対していくら借りるか、また、返済期間をどうするのかを各ローン会社のwebサイトでシュミレーションをしましょう。

参考:デンタルローンの審査は厳しい?【主婦・学生・アルバイトも借りれる?】

また、1年間の治療費が10万円以上かかった場合には、確定申告で医療費控除を申告できるので覚えておきましょう。

噛み合わせが悪い、歯並びが悪くて人前で笑うとき人の目を気にしてしまうなど歯の悩みを持っている方もいます。

歯列矯正を行なってコンプレックスから解放されてみませんか?でも、イメージ的に矯正って高額な費用がかかりそうですよね。

費用が高額で用意出来ない方はデンタルローンを利用して分割払いにする方法もあります。

歯科医院で提案されてすぐに審査をするのは情報がうろ覚えでわからなかったり手数料などの確認をしておきたいしで少し抵抗がありませんか。

そんな場合、申し込む前に事前にHPで仮審査を行っておくのがおすすめです。

かかりつけの歯医者の提携している、または使いたいローンのサイトで事前審査に通過後、そのローンと提携している歯医者で再診し、正式申込になります。

顎が痛くて口が大きく開けられない、そんな症状で悩んでいる人が若者を中心に増えているそうです。

顎関節症の主な症状と言われているんです。

顎関節症は生活習慣病に近い側面があり、治療する際メインになるのは自宅で行うセルフケアです。

例を挙げると、歯を食いしばらない、ガムを日常的に食べていたら止めるなどです。

それによって状態が改善されることもあります。

また、噛み合わせを治すことで改善されることもあります。

噛み合わせの治療をする場合、治療費用が高額になりやすいので銀行機関などが取り扱っているデンタルローンを利用することをお勧めします。

ローンを利用するは、いくらから利用できるのかや分割可能期間など各ローンによって違いがあるので調べるようにしましょう。

皆さんは歯医者を選ぶ時の基準はなんですか?実は、歯医者ってコンビニよりも多いって聞いたことありませんか?なそのため家から近いを条件にしても選択肢が多くて選びにくいですようね。

そんな時に見ているのが口コミサイトです。

医院の設備はどういったものがあるか、先生はどんな人なのか初めてその歯医者に行く場合にはとても参考になります。

その他の選び方としては、受ける治療方法によって選ぶのもありますね。

一例を挙げると、高額な治療費が必要なインプラント治療を考えている場合では、治療に行く前から高額な費用が必要な事がわかっている場合、利用したいデンタルローンをそのローンと提携している歯科医院を探すなどです。

突然ですが11月8日は何の日か知っていますか?日本矯正歯科学会が設定した「いい(11)歯(8)並びの日」なんです。

そこで、歯に関係するランキングを調べたところ、「実は人に言えない歯の悩みランキング」というものがありました。

やはりといいますか、歯並びに悩んでいる人は多いようです。

悩みはできれば解消したいと思っているはずです。

でも、治している人が多ければランキングは低くなるはず、なぜそのままになっているのでしょう。

大きな理由の1つが高額な治療費です。

歯列矯正は自費負担になるため、特に若い人は費用が準備しにくいようです。

ジャックスなど様々な金融機関が扱っているデンタルローンを利用してみてはどうでしょうか。

実は歯並びや噛み合わせが気になる、という方は多いようです。

噛み合わせが悪いままだと、虫歯や歯周病になりやすかったり、頭蓋骨のバランスが悪くなり、そのバランスの悪さを修正しようとして体全体に負担がかかることに繋がります。

高額な費用を立替払いしてくれるデンタルローンを利用して矯正しませんか?歯並びがよくなることで、左右均等に噛めるようになりはの健康寿命が延びたり、筋肉のバランスも改善されるので顔の歪みも解消されます。

またその結果、頭蓋骨のバランスも改善され、肩こりやめまい、頭痛といった症状が良くなることもあります。

この機会に歯列矯正治療を受けてみてはいかがでしょう。

携帯料金や水道料金の支払い、デンタルローンなど各種ローンの支払いが何ヶ月もできていない、止まっていたという経験がある方は別件でローンを組もうと思った時に審査に落ちる可能性が高くなります。

というのも信販会社は、審査時に必ず信用情報機関に信用情報を照会します。

未払いが連続したり、債務整理をしていると信用情報機関としてはブラックリストに載ることになります。

信用情報機関にはローンやクレジットカードの申し込み、契約時の情報、借入・返済などの情報が記録されています。

だいたい、申し込みは5年、完済も5年間を目安に情報が残されているようです。

抜け歯治療でインプラント治療をしたい、でも、高額な治療費が必要と言われてもすぐには準備できない。

という時に歯医者でデンタルローンを勧められることがあります。

他のローンと同様に審査なしというものはなく必ず審査が必要です。

では、審査の際にはどういった項目を見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が利用しようと考えた場合、親名義で申し込む、もしくは法定代理人の同意書が必要になります。

他には、ローン返済の延滞が繰り返されていないかなど、クレジットヒストリーが良好かを見られます。

また、成人していても審査結果によっては保証人が必要になることもあります。